FX投資のリスク管理について

subpage01

FX取引には、さまざまな取引手法がありますが、基本的には、リスクテイクすることでその代償として利益を受けるという面があります。

昔流にいえば、虎穴に入らずば虎児を得ずというところでしょうが、一定のリスクを取ることで取引を行うことになります。
そして、相場が予想通りの動きをする場合には、リスクは小さくなり消えてなくなることになります。
しかし、相場が予想とは違う動きをしていく場合には、リスクは次第に大きく膨れ上がることになります。



このリスク管理が、FX取引においては非常に重要になるわけです。


そして、値動きとは別のもう一つのリスクがあります。


そのリスクとは時間のことです。
チャートでは縦軸は値動きを見ますが、横軸では時間が示されています。

livedoorニュースに関する問題解決をサポートいたします。

言うまでもなく、エントリーしてから時間が過ぎれば過ぎるほど、それだけリスクは大きくなっていきます。取引が長期間になるケースでは、ほとんどの場合には損失を抱えていますが、これなどはリスクを長く持ち続けているからと考えてもよいのです。



多くの投資家がデイトレードを好むのは、簡単に儲けたいからというよりも、リスクを持ち続ける時間を限定したいからなのです。
従って、FX投資でのデイトレードはまるでギャンブルであるかのように比喩されますが、実は、非常に合理的な考え方に基づいたリスクヘッジでもあるわけです。
もちろん、スワップ狙いのFX投資の場合には、長期保有が前提となりますが、売買益狙いの場合には、基本的には短期売買がそれだけリスクを持つ時間が短くて済むため、有利な投資手法であると言えるのです。